ヒゲ抜き脱毛方法

ヒゲ抜き脱毛方法

ヒゲの脱毛で家庭で簡単にできるものに、毛抜きでヒゲを抜くことがあります。毛抜きでの脱毛は毛根ごと抜き取ることが可能ですが、肌の表面に出ているヒゲしかカミソリは処理することができません。

 

カミソリで剃るよりもヒゲが次に再生するまでの期間を延長できます。毛抜き脱毛の場合には、とくに何か道具は必要なく、毛抜きさえあればできるのもメリットです。毛抜きはそれほど高い品物ではなく、手軽に入手できます。

 

シェービングジェル等の道具も必要ありません。錆びにさえ気をつけていれば毛抜きの場合は、カミソリのように替え刃をしなくても良いものです。毛抜きによるヒゲの脱毛はデメリットも多い方法です。ヒゲを毛抜きでつまんでしっかり引っぱらなければ抜けないので、ヒゲが少し伸びなければ抜くことができない方法です。

 

痛みもあるようですし、かなりの負荷が抜く時は肌にかかるようです。まだ20代のうちは肌の新陳代謝も活発なので、ヒゲを毛抜きで脱毛しても肌へのダメージはそれほど大きくないでしょう。30代になると徐々に毛穴の開きや皮膚のシミが目立ってきて、口の周りが黒くくすんで見えたり、実際の年齢より老けて見えるようになります。

 

肌にかなりの負担がかかるので、毛抜きのヒゲ脱毛は青ひげの防止にはなりますが、気を付けたほうが良いでしょう。